体質改善!末端冷え性をヨガで改善できる?

みなさん、末端冷え性という症状をご存知ですか?
「冷え性の一種だから、冬場しかならないんじゃないの?」と思っている方もいるでしょう。
実は、末端冷え性は季節に関係なくかかることがあり、特に女性がかかりやすいと言われているのです。
末端冷え性の症状には個人差がありますが、ひどいと手足の先が冷え切って眠れなくなる人もいます。そんな末端冷え性ですが、なんとヨガをやることで改善ができるといわれているのです。

今回は、末端冷え性にどうしてヨガが効くのか、実際にヨガの教室に通う際の注意点等など見ていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも末端冷え性って?原因は?

ここでは、末端冷え性にかかる原因について説明します。

末端冷え性の症状

まず末端冷え性とは何かですが、文字通り、手足の先だけ冷える症状のことを言います。
「ただ手足が冷えるだけ?」と思われやすいですが、不眠症などの合併症を起こすこともあるので、油断はできません。

原因

年齢や性別関係なくかかる可能性がありますが、特に10代~30代の女性に多いと言われています。
女性のほうがかかりやすい理由としては、以下のものがあげられます。

筋肉量が少ない
女性は男性に比べて、筋肉量が少ないですよね。
筋肉の量が少ないと、発熱や血流の量も少なくなってしまうため、末端冷え性にかかりやすいのです。

ヒールのある靴を履く
血液の循環がうまくいかないことも、末端冷え性の原因の一つになります。
ヒールのある靴は末端の締め付けが強いため、ヒールの高い靴を頻繁に履く女性も末端冷え性にかかりやすいようです。

スカートを履く
多くの女性がおしゃれを楽しむために、スカートを履きますよね?
ストッキングやタイツを履いていたとしてもスカートは脚が出るため、とても冷えやすいので末端冷え性にもつながります。

生理で貧血を起こしやすい
上にも書いた通り、血液の循環がうまくいかないことで末端冷え性にかかりやすくなります。
そのため、特に生理の重い女性は末端冷え性にかかりやすいのです。

末端冷え性を放置すると不調につながる

末端冷え性を改善した方がいい理由は、いろいろな不調につながるからです。
不調につながると知らずに末端冷え性を放置してしまうと、どのような状況になってしまうのでしょうか?

免疫力が低下する

1つ目に挙げられるのは、「免疫力の低下」です。

体温が1℃下がるだけで、免疫力は約3割低下するといわれています。
免疫力が低下すると、風邪などちょっとしたことでも体調を崩しやすくなってしまうのです。

また、人の体では1日5000個のがん細胞ができているといわれていて、これらを免疫細胞が攻撃して死滅させているのですが、免疫力が下がることでがん細胞が活性化して増殖する可能性もあります。

自律神経が乱れる

自律神経は交感神経と副交感神経からなる神経で、昼には交感神経が活発になり、夜は副交感神経が活発になります。
この交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、さまざまな症状があらわれます。

夏場でも手足の先が冷えている末端冷え性もその一つです。
その他にも耳鳴りや便秘、不眠、イライラするといった症状が出ます。

スポンサーリンク

冷え性は冬より夏の方が冷えやすい?

先ほど、夏場でも手足が冷えるという話をしましたが、冬よりも夏の方が体が冷えやすいというのはご存知でしょうか?
その要因はいくつかあります。

夏場の冷房は冷えの原因

夏場は暑さ対策で自宅だけでなく電車の中やショッピングモールなど、どこも冷房がきいていますよね。
自宅の冷房はちょうどいい温度に設定を変更することが可能ですが、外ではそうはいきません。

冷房によって体が冷えると、肩こりや腰痛を引き起こすことがあります。
また、新陳代謝も低下します。

電車であれば弱冷房車に乗ったり、職場でブランケットを足にかけたり、カーディガンを羽織って対策することが大切です。
外出時には羽織るものを1枚持っていると重宝します。

水分の取りすぎも冷え性につながる

夏場は熱中症にも気を付けなければいけません。
しかし、水分も取りすぎると体がむくんできてしまいます。

夏といえば冷たいアルコールを飲む機会も増えますよね。
冷え性の人は体がむくみやすいのですが、アルコールはさらに拍車をかけます。

アイスなどの冷たい食べ物は体を冷やす

暑い時はアイスやかき氷といった冷たい食べ物がほしくなるもの。
コンビニなどで簡単に手に入るのでついつい買ってしまいますよね。

こうした冷たい食べ物は、各内臓の環境を悪化させてしまいます。
臓器が冷えると血流にも影響し、手足などの末端が冷えるのです。

冷たいものはできるだけゆっくり食べると良いでしょう。

運動不足

暑さから運動をすることも少なくなります。
そのため、体がむくみやすくなることがあります。

夏は熱中症の注意が必要な時期ですが、運動する時間を工夫して軽く歩くだけでも冷えは解消されます。

末端冷え性の改善方法

実際に末端冷え性になってしまったら、どうすればよいでしょうか。
末端冷え性には、ちゃんと自分で実践できる改善方法があります。
どんな方法で改善できるか、具体的な方法が以下です。

栄養バランスの良い食事

37度より温度の低い食べ物は、体内の熱が逃げないように、温度を上げる効果があります。
一方、37度より温度の高い食べ物は、皮膚表面の血管を拡張させて体の熱を逃がし、体温を元に戻す作用があるのです。これら2通りの食べ物を、バランスよく食べることで、末端冷え性の改善につながります。

たんぱく質を十分にとる

食事の量が少ない場合は、体内に十分な熱を摂取できないため、冷え性になりやすいのです。
食品1gあたりのカロリーは、脂肪9kcal、たんぱく質4kcal、炭水化物4kcalとされています。
このうち、熱として消費させるのはたんぱく質だけなのです。
つまり、たんぱく質を十分にとっていれば、運動とは関係なく熱を発生するので、体を動かさない人は、たんぱく質の摂取が冷え性の予防になります。

服装でも対策

末端冷え性に限らず、建物の中や電車では夏場は冷房、冬場は暖房が効いていて外との温度差についていけないということが多々あります。

そのため、夏にはすぐに羽織れるストールやカーディガンを持ち歩くのも良いでしょう。
足元の冷えにはレッグウォーマーなどを準備するのもおすすめです。

冬場は体温を逃がしにくい吸湿性のあるインナーを着て、体温を維持できるように心がけることが大切です。
そして、腹部をあたためると血流がよくなり、末端もあたたかくなります。

また、体を締め付けるようなデニムやストッキング・タイツなども血流を悪くする要因の一つです。
きつい靴も足の血行が悪くなるので、サイズの合ったものを履くようにしましょう。

ヨガを継続して行う

意外だと思われる方もいるかと思いますが、ヨガの運動は、末端冷え性の改善に役立つのです。ヨガが末端冷え性の改善につながる理由は、以下になります。

深い呼吸
ヨガの動作の一つに、深呼吸があります。
深呼吸をすることで、血液中の酸素量が増えるため、血流がよくなるのです。
また、リラックスの効果もあり血行不良が改善されます。

体を動かす
ヨガは様々な筋肉を動かす運動です。
先述の通り、女性は筋肉が少ないので末端冷え性を起こしやすくなります。
ヨガを継続して行うことで、筋肉がつき、末端冷え性になりづらい体を作れるのです。
さらに、ヨガの運動は筋肉がつくだけでなく、発汗を促す効果もあります。
汗をかくことで水分を体内から排出し、体を冷やさないようにするのです。

スポンサーリンク

ヨガに行けば頑固な末端冷え性でも体質改善できる!

ヨガが冷え性の体質改善に効くことは、上でお伝えしました。
ただ、「実際にヨガをやってみよう」と思っても、ヨガの教室やヨガの種類はとても多く、どういうものを選べばよいか迷ってしまいますよね。
そこで今回は、ヨガの中でも今注目の「溶岩ヨガ」についておすすめします。

溶岩ヨガとは?

「溶岩ヨガ」という言葉に聞きなれない方も多いのではないでしょうか?
溶岩ヨガとは、溶岩石を敷き詰めたマットや床の上で行うヨガのことです。

溶岩ホットヨガの効果

溶岩ヨガの効果には、以下のものがあげられます。

体の芯を温め、新陳代謝をよくする
一般的なヨガは、空調でスタジオを温めることで体を温める手伝いをしています。
しかし、空調で調節している分、体を内部から温めることは難しいとされてきました。
それに対し、溶岩ヨガは溶岩石の上でヨガをすることで、天然の遠赤外線効果によって内側から体を温めることができます。
これにより、新陳代謝が促されて血流をよくすることができるのです。

美肌効果
溶岩ヨガは、1回行うことで保湿効果が3日間続くと言われています。
そのため、週2回以上コンスタントに溶岩ヨガを続けることで肌の保湿を継続させることもできるのです。

溶岩ヨガはどこで体験できる?

実際に、溶岩ヨガがどこで体験できるのか、気になりますよね。
溶岩ヨガでおすすめの教室は、「バリ島溶岩石ホットヨガ アミーダ」です。
アミーダでは、女性専用のスタジオがあったり、講師陣のレベルも高いので、ヨガをやったことのない女性の方でも気軽に始めることができます。
また、アミーダは関東・東北・中部・近畿と全国各地に店舗がありますので、通いやすいところもおすすめポイントです。

溶岩ヨガで冷え性が進行したという声も…、本当?

冷え性の改善に溶岩ヨガは、とてもおすすめな方法です。しかし、溶岩ヨガで、冷え性が悪化してしまったというケースがあるようです。
溶岩ヨガは本当に冷え性を悪化させるのか、その原因は何なのか、説明します。

水分不足が原因

溶岩ヨガを行うと大量の汗をかきます。汗をかくと体の水分が失われてしまうので、汗をかいた分大量の水分を補給しなければなりません。
水分が不足状態のままだと、体内を循環させて老廃物を排出することができないので、血液やリンパの巡りを悪くしてしまいます。水分不足が代謝の低下やむくみを引き起こし、冷え性を悪化させたと考えられます。
溶岩ヨガを行うときは、水分補給を忘れずにしっかり摂りましょう。

ミネラルの不足が原因

人体は、ブドウ糖をエネルギーとして体温を保っています。ブドウ糖を熱に変える助けをする役割を持っているのが、ミネラルです。
そのため、ミネラルが不足してしまうと、熱を作り出すことができず代謝を下げてしまいます。
その結果、冷え性が悪化してしまうというわけです。
ミネラルは、汗をかくのと一緒に排出されます。溶岩ヨガで大量の汗をかくとミネラルも失われてしまうので、水分だけでなくミネラルの補給も心がけましょう。

溶岩ヨガ後のケアの仕方が原因

溶岩ヨガの後は、大量の汗をかき体温も高くなっています。
汗には、上昇した体温を下げるために、蒸発する時に熱を奪う働きがあります。汗が蒸発することで急激に体温が下がってしまい、冷え性を悪化させてしまうのです。溶岩ヨガの後は、汗で体が冷えてしまう前に、汗をシャワーで洗い流すかしっかり拭くことが大切です。

溶岩ヨガは大量に汗をかくため、水分やミネラル、ケアの不足が原因となり冷え性が悪化してしまっていると考えられます。
溶岩ヨガを行う際は、水分やミネラルの補給、汗を放置しないという点に気をつけて冷え性・体質改善を目指しましょう。

ヨガの体験前に注意すること

ここで、実際にヨガを体験するときに注意しておくことを説明します。

持ち物

溶岩ヨガは、体験だけでもかなり汗をかきます。
そのため、運動ウェアだけでなく、替えの下着やフェイスタオル、バスタオルも持っていきましょう。
また、水分補給もかなりの頻度ですることになると予想されますので、水も1L以上持っていく必要があります。
なお、体験するヨガの教室によっては、シャワールームにシャンプーなどの備え付けがないこともありますので、適宜用意しておくとよいでしょう。

食事

ヨガの教室に行く際は、体験2時間前には食事は済ませておきましょう。
体験直前に食事をとってしまうと、体験中に気持ち悪くなってしまうことがあるためです。

ヨガを行う時の理想的な食事方法

先ほども少し触れましたが、ヨガをやる時は食事方法を意識することが大切です。

満腹状態を避ける

満腹の状態でヨガを始めると気分が悪くなり体調を悪化させてしまう原因になります。
満腹状態を避けるためにも理想的な食事時間はヨガの1~2時間前だそうです。
また、ヨガ後は体がデトックスされた状態にあり吸収率が高いため、ヨガ後に食事をする場合も1~2時間あけるのがおすすめです。

ヨガ前のおすすめの食べ物

満腹状態と同じように空腹状態でヨガを行うのも避けた方がいいそうです。
というのも、ヨガはエネルギーを消費し体力を消耗するため、空腹状態だとエネルギー不足でヨガに集中できなくなります。
もし、ヨガ前ギリギリに食事をするなら温かいスープやおかゆなど消化に良く胃に優しい食事がおすすめです!

アルコールは控える

ヨガは体を動かすことで血行が良くなります。
なので、ヨガ前後にアルコールを摂取すると早く酔いがまわってしまう可能性があります。
どうしてもアルコールが飲みたい場合はノンアルコールにすることをおすすめします。

自分に合った改善方法を見つける

末端冷え性になった際の改善方法と、その中でも特にヨガが効くことを中心に説明していきました。
自宅でできる改善方法もさまざまありますが、体を動かすことで自然と筋肉量が増え、リラクゼーション効果もありストレス発散にもつながるヨガで末端冷え性を改善することがおすすめです。
また、改善方法をいくつか組み合わせることも、改善の近道になるので試してみてはいかがでしょうか。
アミーダは溶岩ホットヨガなので、体を内側から温めることができ、端冷え性の解消にもつながるので、とてもおすすめです。

アミーダに体験へ行った時の記事もあるので、是非ご覧ください!
体験記事はこちら