ホットヨガは息苦しいと感じることは無い?ホットヨガとサウナの違いについて

ホットヨガとサウナの違い~ホットヨガは汗をかくけど息苦しくない?

美容・健康に興味がある皆さん、こんにちは!

最近、私は代謝に注目しています。
特に末端冷え症で、常に手足が冷たいのが悩みです。

そこで、代謝を改善するためにホットヨガやサウナ通いを考えています。どちらも人気の健康法ですが、どんな違いがあるのでしょうか?高温多湿の環境下の「息苦しさ」も気になるポイントですね。

この記事では情報収集の過程で得た知識を共有しているので、みなさんも参考にしていただければと思います。

関連記事 ホットヨガ、溶岩ヨガ、岩盤ヨガ、サウナ…効果の違いと特徴は?

スポンサーリンク

ホットヨガとサウナの違いって?

ホットヨガとサウナの違いって?息苦しいと感じるのはどっち?  ホットヨガとサウナの大きな違い 
  • 室温・湿度
  • 身体を動かすかどうか

室温・湿度

室温 湿度
ホットヨガ 約30~40℃前後 約50~65%前後
サウナ 約80~100℃ 約10~20%

ホットヨガは室温を約30~40℃前後、湿度を約50~65%前後に上げた環境で行うスタジオが多く、高温多湿な環境下で運動をすることで発汗を促します。

一方、サウナは約80~100℃、湿度は約10~20%と高温で乾燥している状態ですが、サウナと水風呂等の入浴を繰り返すことによって、血液循環や自律神経の調整といった効果が得られます。

身体を動かすかどうか

サウナのような高温の環境で身体を動かせば、ホットヨガより効果が得られそうと考えてしまいましたが、簡単にはいかないようです!

サウナの環境はじっくり汗を流すのに適していますが、運動をするには呼吸や身体に負担がかかってしまいます。一方、ホットヨガは身体を動かしやすい室温・湿度が保たれているので、身体に負担も少なくて済みます♪

ホットヨガとサウナ「息苦しい」と感じるのはなぜ?

ホットヨガが「息苦しい」と感じる理由

ホットヨガは温度・湿度ともに夏の気温環境とほぼ同じなので、息苦しいと感じる可能性は低いと言えます。
自然の状態に近く、人が活動をするのに支障のない温度が設定されているため、身体や呼吸に負担の少ない環境になっています。ただし、一般的なホットヨガスタジオでは、ヒーターなどの空調設備を使用して高温多湿の環境をつくっているので、中には息苦しさを感じる方もいるようです。

サウナが「息苦しい」と感じる理由

サウナが「息苦しい」と感じるのは、高温で湿度が低いというのが一番の理由です!
わたしもスーパー銭湯などに行くとサウナに挑戦しますが、呼吸をすると粘膜から熱が入り熱いし、乾燥もするので普通の状態でも長時間は息苦しくて耐えられません💦

そういう時は、水で濡らしたタオルを顔周りに巻いたりするなどの方法で対策するんですが、それでも多少息苦しいと感じることはあります!

 サウナの息苦しさの原因 
  • サウナの室内は高温で、身体の表面は急激に温まるが
    身体の内部まで熱が伝わるのには時間がかかる

    .
  • 長時間入ると身体の外部に熱がたまり、体温を下げようとして無理に汗をかく
    (熱中症のような状態)
    .
  • まだ内臓が十分に温まっていない状態で動き出すため、身体に負担がかかる
    呼吸が浅くなり、息苦しさを感じる

サウナで息苦しいと少しでも感じたら無理をせず、倒れる前に退室しましょう!

スポンサーリンク

ホットヨガとサウナでかく汗の違いは?

ホットヨガとサウナでかく汗は基本的に同じ?息苦しい以外にも違いはあるのか

ホットヨガとサウナ環境の違いを並べましたが、なんと分泌される汗の種類は同じだそうです!
しかし、夏にかく汗と何が違うのでしょうか?

サウナでかく汗は皮脂腺から分泌される

サウナで皮脂腺から分泌された汗は、デトックス効果によるもので効率的に毒素の排出を促します。
さらにべたつかずさらさらとしており、天然の化粧水と言われているほどお肌よい汗でもあるんです!

たくさん汗をかくと身体を洗ってタオルでごしごし拭きたくなりますが、もったいない!
代謝も上がっているので、お肌にしっかりなじませると美肌効果も得られるそうですよ♪

ホットヨガの汗は汗腺から分泌される

一方、ホットヨガはヒーターによって身体の表面だけが温まってしまうので、体温を下げようと汗腺からの発汗が促されます。暑い夏の日にかく汗を同じです。

この身体を冷やすための汗は、すぐにふき取ってあたたかいシャワーを浴びないと、ますます身体が冷えてしまい逆効果に!汗腺からの汗は、適切なケアをしないと炎症やかぶれを引き起こす可能性もあります。

溶岩ホットヨガは「息苦しい」と感じることもなく、美容・健康効果も高い!

ホットヨガは息苦しいと感じることもなく運動不足の解消にも繋がる!
溶岩ホットヨガ
  • 天然の溶岩石を敷き詰めたスタジオで行うホットヨガ
  • 自然の熱で高温多湿の環境をつくるので、息苦しさがない
  • 遠赤外線の効果により内臓から温まる
  • 保湿効果のある皮脂腺からの汗を促す
  • 温泉と同じ「バナジウム」が含まれる
  • ミネラルが豊富
  • マイナスイオンによるリラックス効果

天然の「溶岩石」には、さまざまな効果が期待できます。

溶岩ホットヨガを始めるなら、少人数制でひとりひとりに合わせた指導を行っている「アミーダ」がおすすめです。業界最大手で店舗数が多いので通いやすさも魅力♪

体験レッスンも実施しているので、気になる方はレッツゴー💨

一般的なホットヨガと違って「息苦しさ」がない

溶岩ホットヨガは、天然の溶岩石から放出される遠赤外線の効果によって高温多湿のスタジオ環境をつくります。身体の内側からじんわりとあたたまるので「息苦しい」と感じることは少ないです。

水分補給をこまめにしながらヨガを行うと、より良い発汗効果も期待できます。

溶岩ホットヨガは体質改善にも良い!

溶岩ホットヨガは、新陳代謝が高まり血流のつまりや老廃物の蓄積を解消してくれる効果が期待できます。肩こりや腰痛、冷え性の改善にもおすすめですよ。

身体全体の血のめぐりをよくするので全身のむくみ改善も期待できます。

インナーマッスルも鍛えられる!

ヨガの特徴であるゆっくりとした動きや、ポーズにより呼吸を整えることで自然に筋肉を伸ばし体幹の基礎が鍛えられます。
溶岩ホットヨガは、高温多湿の環境下で筋肉が緩みやすいので、常温のヨガと比べて身体を動かしやすいです。基礎代謝もあがりダイエット効果もあがります!

スポンサーリンク

男性人気の高いサウナ、女性人気の高い溶岩ホットヨガ

男性人気の高いサウナ、女性人気の高いホットヨガ

ここまで、サウナとホットヨガの違いや効果などを比較してみましたが、利用者の男女比率にも違いがあります!

サウナは「おじさんが行くもの」というイメージがあるように、男性利用者が多いのが特徴です!
といっても、サウナブームのおかげもあってか、おじさんよりも20代の若い人たちの割合が高めなのだそう…!もちろん女性にもサウナ好きの方が増えていますが、男性専用のところも多く、まだまだ女性は利用しづらいのが現状でしょう。

一方で美容健康のイメージが強いホットヨガは、やはり圧倒的に女性人気が高いです!
ヨガには、自律神経のバランスを整えたり、姿勢改善、冷えやむくみの改善など、女性特有の悩みに効果が期待できます。そのため、心や身体のセルフケアとしてホットヨガを生活に取り入れる女性が増えてきているのです♪
サウナほど息苦しいと感じにくいので、無理なく続けることができそうなのも人気の理由のひとつなのかもしれませんね!

より身体への負担を考えるなら、溶岩ホットヨガを選ぶのが良さそうです!