寝苦しい夏の睡眠不足にはヨガが最適?便秘解消の効果まで!?

寝苦しい夏の睡眠不足にはヨガ?便秘解消にもおすすめ!

猛暑日が続いていますが、夜はぐっすり眠れていますでしょうか?
「何度も目覚めてしまう」
「朝起きると体がだるい」
「寝つきが悪い」
という方は、暑さが原因でしっかりと睡眠がとれていない可能性があります。
睡眠不足は自律神経の乱れにつながり、便秘や頭痛など様々な体の不調をまねくので注意が必要です。

9月も厳しい残暑が予想される今年、いかに良質な睡眠をとれるかが、この夏を乗り切る鍵となるでしょう。そこで今回は、睡眠不足対策や安眠効果の高いヨガのポーズをご紹介したいと思います。

夏の寝苦しい夜に睡眠不足にならないためには…

暑さで寝苦しい夏、睡眠不足で体を壊してしまわないためにもしっかりと対策しましょう。

エアコンで室温を調整する

「からだに悪い」「電気代がもったいない」といった理由から、寝苦しい夜でもエアコンには頼らないという方もいますが、熱中症対策のためにもエアコンを使用して睡眠中の室内環境を整えることが大切です。

しかしながら、エアコンの設定温度を低くしすぎてしまうと、かえって体調を崩す原因にもなってしまうので、高めの28度前後くらいに設定しておくとよいでしょう。
「エアコンが苦手」という方は、眠る前までに冷房運転で室温を26度前後くらいまで下げておき、眠るときに送風運転に切り替えることをおすすめします。湿度が高いときは、除湿設定にするとよいでしょう。

また、寝苦しさで目覚めてしまうという方は、タイマー機能を使用せず、朝までエアコンをつけっ放しにしておくのがおすすめです。

熱がこもりにくいパジャマを着る

暑い夏の夜は、Tシャツや短パンで寝ている方が多いと思います。暑さ対策で、裸で寝ているという方もいるかもしれません。しかし、夏こそ「パジャマ」を着て寝ましょう。パジャマは、吸湿性や吸汗性、寝返りの打ちやすさなどが考えられて作られています。

寝汗をかきやすい季節の夏用のパジャマは、吸水性・通気性に優れた生地が多いです。熱のこもりにくいパジャマを着て眠ることで、寝苦しい夏の夜の睡眠不足の軽減につながるでしょう。

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

39~40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりと浸かってからだを温めましょう。
副交感神経が優位に働きやすくなるので、リラックス状態になり質の高い睡眠につながります。また、入浴後すぐは体温が下がらず眠りにくくなってしまうので、就寝の1~2時間前くらいがベストです。

睡眠不足の改善は便秘解消にもつながる

眠りが浅くなってから便秘にも悩まされているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
睡眠不足になるとストレスで交感神経が優位に働くため、腸がうまく機能せず便秘になりやすいそうです。

腸をはじめとする消化器官は、副交感神経が優位になっているとき、つまりからだがリラックス状態にあるときに活発に働きます。副交感神経が優位に働く睡眠中は腸の動きが活発になるので、十分な睡眠は便秘解消につながります。食生活を見直しても便秘に悩まされているという方は、睡眠の質も見直してみてくださいね。

「便秘解消のメリット」

便秘になってしまうと、腸内細菌に悪影響が与えられ悪玉菌が増加していきます。
この悪玉菌が原因で、発がん物質・アンモニアなどの有害物質やおならの元となるガスが発生してしまううえ、腸内に溜まったガスによって背中や腰が圧迫され背中や腰の痛みなどにもつながってしまいます。
そのため毎日の排便が理想ということなんです。

特に夏は暑いので、睡眠不足と合わせて脱水状態になりやすいことも便秘の原因につながるようです。
「喉が渇いた」と自分自身が感じる前に、30分毎などと決めてこまめに飲み物を飲む癖をつけていきましょう。

便秘解消できれば、新陳代謝も良くなり肌荒れや吹き出物などお肌の改善も期待できます。

夏の寝苦しい夜の睡眠不足にはヨガ!

質の良い睡眠をとるためには、ヨガやストレッチなど軽い運動も大切です。

からだがこわばっていたり、緊張状態にあると呼吸が浅くなり不眠の原因になります。眠る前に、しっかりと体と心をリラックスすることで、副交感神経が優位になり、入眠しやすい状態を促すことができます。

ゆっくりと深い呼吸とともに行うヨガは筋肉の緊張を和らげ、自律神経の乱れを改善する効果があるので、睡眠不足の解消にも最適といえるでしょう。
寝苦しい夏の夜でもヨガを味方につければ、次の日に疲れを持ち越さずスッキリとした一日を過ごせるはずです。

ぐっすり眠れるヨガのポーズで寝苦しい夜とサヨナラ!

からだが硬い・運動が苦手だからヨガはできないかも…と思われた方もいるかもしれませんが、難しいポーズをする必要はないので安心してください。
ヨガ初心者でもできる簡単なポーズをいくつか紹介するので、ぜひみなさんも寝る前に行ってみてくださいね。

自律神経を整えるヨガのポーズ

  • 魚のポーズ


魚のポーズは、首や背中の筋肉をしっかりとほぐしてくれます。
自律神経に直結しているといわれる頭頂部の「百会(ひゃくえ)」というツボが刺激されるで、自律神経を整えるのにぴったりなポーズです。
また、胸が大きく開かれることで呼吸が深まります。深い呼吸は副交感神経を優位にしてくれるので、不眠の改善につながります。

  • 猫のポーズ


猫のポーズは、自然と深い呼吸を促してくれるため、自律神経を整えるのに適しています。背骨は、中枢神経や自律神経の通り道です。背中を丸めたり反ったりすることで、こわばった背中をほぐし、交感神経と副交感神経のバランスをとります。
また、インナーマッスルが鍛えられることによって、内臓の機能が高まることで便秘解消の効果も期待できます。

リラックス効果が高いヨガのポーズ

  • しかばねのポーズ


ヨガのポーズのなかでも究極のリラクゼーションといわれる「しかばねのポーズ」。10分間で1~2時間の睡眠に匹敵するともいわれています。

  • 壁を使った肩立ちのポーズ


心と体の緊張をほぐしてくれるポーズなので、高いリラックス効果が期待できます。また、腸の動きを活発にしてくれるので、便秘解消にもおすすめのポーズです。

溶岩ホットヨガのアミーダのYouTubeにも、参考になりそうポーズ動画がいろいろあったので見てみてください。

溶岩ホットヨガアミーダ

また、体の芯から温まる溶岩ホットヨガは、継続することで睡眠の質を改善させるといわれています。通常のヨガよりもさらに発汗や血行が促され、より高いデトックス効果やリラックス効果が期待できるので、睡眠不足に悩まされている方は検討してみてはいかがでしょうか?